園長メッセージ


 「結のいえ保育園は」は、平成28年春、事業所内保育園として湊水産株式会社の社屋の一室で産声をあげました。「子どもを安心して預ける場所がない」というお母さんお父さんの応援団になりたいという熱い思いから生まれた保育園です。湊水産(株)の従業員のお子さんはもちろん、地域のお子さんもお預かりしています。

 そして、今年の7月、待ちに待った新しい園舎が完成しました。広い保育室は、大きな窓と高い天井、そして木の香りのする子供たちの「いえ」です。

  「結のいえ保育園」には、朝から元気な子供たちの声が響いています。保育スタッフもお預かりしたお子さんを我が子だと思って接するように心がけています。絵本の読み聞かせやごっこ遊び、季節の歌や手遊び、ダンスやキッズ体操、豆まきやひな祭りなどの行事も取り入れ、子供たちの心や体の成長を手助けすることができるような保育を目指しています。 どうぞ、「結のいえ保育園」に一度いらしてください。よろしくお願いいたします。

 

「結のいえ保育園」園長 佐々木芳美


ごあいさつ

皆さま、こんにちは。

私たちは、現在内閣府の企業主導型保育事業の助成を受け、「結のいえ保育園」を運営しています。

石巻は今、震災を乗り越え前を向いて一歩一歩、歩き始めています。石巻の一企業である湊水産は、地域の復興と石巻の産業発展のために何かしたいと考え、事業所内に保育園を開園する決意をしました。私たちは、石巻の企業と連携し、各企業がこれまで積み上げてきた技術を伝承するために、子育て中のお母さんお父さんを応援することで石巻の未来に貢献したいと考えています。

 「結のいえ保育園」は、お母さんお父さんが安心して働ける環境を作り、石巻の未来を担う子どもたちが伸び伸びと笑顔で過ごせる「いえ」になることを目指しています。

 7月には敷地内に新しい園舎が完成しました。湊水産は、子育てをしながら働く人に優しい企業になること、子育てしやすい社会を作ること、を使命と考え、これからも 未来を見つめて頑張っていきます。

 

湊水産株式会社 代表取締役 木村一成


「結のいえ保育園」の理念と保育目標

 【理念】   お互いに助け合うことができる、自立した子どもと大人を育む

 【保育目標 (目指す保育の姿)】

・誰にとっても、安全で安心な保育

子ども・保護者・スタッフ、誰にとっても安全で居心地の良い場所・空間・時間を創ります。

・子どもの個を大切にする保育

ひとりひとりを見守り、大切にすることで基本的生活習慣が身に付いた子どもを育みます。異年齢での遊びや活動を通して子どもの自立と成長を促します。

・保護者と共に歩み、寄り添う保育

保育者と保護者、関わる人すべてが連携し対話を重ねることで、保育者・保護者も共に成長します。

・地域との繋がりを大切にする保育

地域との繋がりを大切にすることで、お互いに助け合う事ができる子どもと大人を育みます。