新型コロナウイルス感染予防についてのお願い

結のいえにおける感染対策

 

 

➀保護者の園内への立入の制限

 登・降園時、お子さんの受渡しは門扉で行い、保護者の園敷地内への立入の制限をしています。また、門扉での手指の消毒と検温を実施し、お子さんが平熱であることを確認してからお預かりしています。

 

②来園者の園内の立入の制限

 来園者は、門扉外での対応を原則とし、園内に立ち入る場合は、手指の消毒と検温を実施しマスク着用のうえ備え付けの名簿に連絡先を記入してもらうなどの手立てをとっています。

 

③毎日の健康観察

 お子さんの健康状態について、保護者に毎日健康カードの記入してもらい、登園時に看護師が確認しています。また、検温は登園時だけでなく、給食開始時及び午睡後にも実施し、お子さんの健康についておこまめにチェックしています。

 

④こまめな換気

 こまめに保育室等の窓やドアを開け空気の入替えをしています。また、それぞれの保育室内に2台のサーキュレーターを設置し、常時稼働させながら空気の循環が十分にできるようにしています。

 

⑤空気除菌

保育室内に次亜塩素酸空気除菌脱臭機(ジアイーノ)を設置し、常時稼働させることで空気の除菌を行っています。

 

⑥玩具、保育室内の消毒

 子どもが使ったもの、遊んだ玩具等を毎日消毒しています。また、保育室内の床、ドア、壁、窓などの消毒清掃を毎日行い、感染予防に努めています。

 

⑦おやつ・給食時の子ども同士の距離の確保

 4人掛けの机は、向かい合わないように2人で使い、子ども同士の距離をできるだけ空けるようにしています。

 

 

⑧登園基準の設定と対応フローチャート

お子さんの体調が思わしくない時の登園基準を設定し、登園時の参考にしてもらっています。また、感染に関する対応フローチャートを保護者に周知し、フローチャートに基づいた対応をお願いしています。

 

⑨健康・衛生管理は看護師が対応

 結のいえには看護師が常駐しており、子どもだけでなく保護者や職員の健康管理及び健康相談にのっています。

 

⑩ほけんだより等で感染対策等の注意喚起

 

 毎月「ほけんだより」を発行し、健康や病気等についての情報を保護者の皆さんにお伝えしています。